2018年7月の振り返りとフォームのこと

駅伝レポートも書き終わり平常モードへ。
今更ですが7月を振り返ってみます。

月間走行距離は281km。

出走頻度は先月と同じような感じで、結局300kmには届かず。

7月の内訳としてポイント練習っぽいのを抜き出すと。

タイムトライアル、ペース走など
5kmTT 1本(よこ月)
3kmTT 4本(よこ月、駅伝) 
15kmペース走 1回(2度激沈)
8mペース走 1回
13kmビルドアップ(山中湖旅ラン)
20kmビルドアップ(山中湖旅ラン)

ロング走
30km 1回(帰宅ラン)

インターミッテント走
2回

練習まとめページ

駅伝があったのでスピードを磨く方に重点を置いた感じ。
脚を温存したかったのもあってロング走は30km走は1回だけに止まった。

平日は一人でペース走やインターミッテントトレーニングを。
ただ、暑さに負けて設定通りいかず撃沈することが多かった。
それでもよこはま月例と駅伝(リレマラ)では追い込めたかな。

春から400mやインターミッテントなど短距離疾走でスピードをつける練習を積んできた。そしてここからはフルマラソン向けのペース走と坂道、ロング走を中心のメニューに移行していく。

そして8月末からはつくばに向けて小出監督メニューをスタート。
もう何回目だろう。3回目か。
がんばんべ。

◇◇◇

フォームについて。
6月に参加したちみ練のフォーム撮影会。
あれからフォーム改善に取り組んでいます。

<姿勢>
骨盤を立てて上半身は背筋を伸ばし前傾させる。
顎を引く。

<動き>
股関節を中心に稼働させ腸腰筋の動きを意識する。
膝、ふくらはぎ、足先は(なるべく)使わない。力を入れない。
腕は肩から振る。振りすぎない。

<着地〜蹴り出し>
足は体の真下に着く。
「蹴る」と言うよりは足の母指球あたりで地面を後ろに「ひっぱる」イメージ。
これで着地〜蹴り出しがスムーズになる気がする。

まぁ今更ここに書き出すほどの事ではなくて、ランニングフォームの基礎的な事ばかりかもしれませんが、真面目にやってみてうまくハマった時は力を入れずに今までより楽にペースを上げることができてるように思います。なんというか「省エネ」な感じ。ランニングエコノミクスの効率化というやつ。

ただ上半身を前傾していると体幹を使うのか、ロング走では腹筋と背筋が持たない。25km以降になるとどうしても上半身のフォームが崩れてくるのがわかる。この辺はまだまだ慣れが必要だな。

◇◇◇

先週食べたラーメン
「カレーらーめん」大盛り

IMAG0019.jpg

 

柔らかめの麺にとろみのあるカレースープが絡む、裏切らない味。

近所に昔からある居酒屋系ラーメン屋さん。ローカル感が漂っていてどうも入りずらかったのだが、いざ入店してみれば常連さん(酔っ払い)で賑わってていい感じ。平成も終わろうとしてるけど昭和は死なず。呑むつもりはなかったけど雰囲気に負けて追加でウーロンハイも注文してしまった。

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. やっぱり名曲で〆ましたね😆
    間違いなくリアルタイムではないですよね?

    1. Macさん
      カレーにまつわる曲は他にも貼りたいのがあるのですが「昭和」ということでこの曲で〆させていただきました。
      完全に自分の世代ではないっす(笑)
      でもこの曲だけはなんかだか好きで知ってました。
      てかMacさんよりも全然上ですよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください