5000mとTEISCO

先週の土曜は国士館大学のトラックで5000mを走ってきました。

結果は17分41秒。

一周84秒ペースを死守できず、目標だった17分30秒は切れませんでした。

17分30秒ペーサーについてくのが精いっぱいでタイムを確認する余裕がなかったです。

ペーサーさんについていったのが途中から自分1人になったので自分の限界ペースギリギリのところで調整してくれていたようです。

久しぶりの5000mは暑くてしんどかったです。イマイチな結果だったが、まだまだシーズン1戦目。7月のMKディスタンスで17分30分は切りたい。

1500mを走った息子は目標だった6分切りを達成。


練習をしても周りに追いつけず陸上が嫌いになりそうな息子でしたが、とりあえず目標を達成できた事は少なからず自信になったもよう。

この日は南多摩錬メンバーちみさんとまっさんの他にナコラマさん、ミキティ、かなっちも参加したので終始にぎやかで楽しい1日になりました。

大人たちは誰一人として目標タイムに届きませんでしたが(笑)また挑戦しましょう。

ここ最近の練習状況です。

 

◆◆◆

ここからはどうでもいい話です。

Macさんがいまにもギターを買ってしまいそうなブログをアップしてましたが、実はさいきん自分も購入しちゃいました。(妻に内緒で)


TEISCOという日本の会社が1968年に販売していたエレキギターです。とてもキュートな見た目です。

自分は60年台前後の大衆音楽を聴くのがわりと好きで。その時代に栄華を極めていたTEISCOのギターは以前から気になっておりました。

で、最近メルカリでこいつを見つけてしまい、記憶がなくなっていた次第です。

ちなみに映画『エレキの若大将』で加山雄三や寺内タケシ、田中邦衛が弾いていたのがこのTEISCO社のギターだったようです。(昔みたけど内容は忘れた)


どうでもいい情報が続きますが、自分の人生で初めて観たコンサートは寺内タケシです。小学校の頃に近所の公民館にドサ周りに来ていたのを観に行きました。テケテケ音がめちゃくちゃデカくてビビりました。帰り道で耳が聞こえにくかったのを覚えてます(笑)

TEISCOのような60年頃までの古い国産ギターはアメリカ製に比べて国内の評価は低く一部ではゴミギターの烙印を押されてるようです。実際に手にしてみるとやたら軽くて造りも頼りない。そして弾きにくい(笑)

ただこいつにしか出せない味わいのある音色が気に入ってます。調整しながら大事に使っていきたいです。

ちなみにギターの落札価格はヴェイパーフライの定価とほぼ同じ位でした。

今シーズン、レース用シューズはもう買えないな(笑)

さらにどうでもいい情報が続きますが自分のギターの演奏能力は低いです。マラソンでいえばサブなんちゃらというレベルではなく完走も危ういレベルです。

そんなレベルなんですが、知り合いのバンドに声をかけてもらい、今週末とあるライブのサポートでギターを弾かせてもらうことになりました。ありがたい。

人前で演奏するのは5年ぶりです。大丈夫だろうか。楽しみですが緊張しております。マラソンより全然緊張してます。

まぁ酒の力に頼ってなんとか乗り切ります。(そんなだから永遠に下手なんだよ)

毎度走ることよりどうでもいい話の方が長いブログですみません。

走る方もがんばんべ。

@00ojinski #エレキの若大将 GO! GO! エレキ合戦 その1 #ブラックサンドビーチ#ランニングドンキー #加山雄三 #若大将シリーズ #田中邦衛 #内田裕也 #有島一郎 ♬ オリジナル楽曲 – 00ojinski

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください