インターミッテント走をやってみた

以前からたびたび耳にしていた練習方法、インターミッテント走

「その効果は30kmに値する」なんて耳当たりのよい噂もあり、気になってました。

で、すでに練習に取り入れていたえいさんちみのすけさんに内容を聞くと、

1分全力疾走 + 4分ジョグ これを12~15セット

ほうほう、と聞きつつもその時は「自分向きではないかな」と。

というのも自分は時間で区切る系の練習が苦手なんです。

「距離で区切る系」たとえば1000mインターバル走ならマイコース上にある100mおきの距離表示を見ながら走れば進捗度合いがリアルタイムでわかる。だから多少呼吸や脚がキツくなっても「今500m、あと半分」とか「残り100m、気合いだ!」みたいなセルフ鼓舞でふんばることができる。

これに対してインターミッテントのような〇分疾走みたいな「時間区切り系」は、疾走区間で今どのあたりまで来たのか、あとどれくらいで終わるのかが分かりにくい。だから頑張れない。もちろんGPSの画面を見たり振動やアラームで知ることはできるのだけど距離系に比べて進捗状況が掴みにくい。これが苦手とする理由です。

そんな理由もあって、結局インターミッテント走はやらずじまいで寝かせてました。

ところが、7月のはてブロ駅伝に出てもらうことになった船橋のFさん全力中年さんのインターミッテントの記事を読んでムクムクと興味が再燃。

食わず嫌いもよくないし、やってみるかーと。

悩むのはペース設定。

疾走区間→Rペース、ジョグ区間→Eペースということらしい。

ここ最近の自分のRペースというものがわからなかったので、4月に参加したOTT5000mのタイム18:38をジャック爺の計算機(久しぶりに使った)につっこんでみた。するとRペースは3’26”、Eペースが4’48″〜5’06”とな。

疾走1分てことを考えるとRペースの設定が少しユルい気もするなぁ、それにEペースの範囲が広すぎてわからん。

ならばキリよく「300mを3’20″ペース(=1分)/800mを5’00″ペース(=4分)」でいってみようか。

この設定なら苦手な時間ベースではなく距離ベースで区切れるなと。ペースさえきっちり守れればインターミッテントとをやったことになる。

おし、皆もすなるインターミッテント走といふものを、自分もしてみむとてするなり!

スポンサーリンク


6月13日(水)

インターミッテント初チャレンジ。
シューズはここ最近お気に入りの薄軽シューズadidas Aero BOUNCE PRで。

結果、ふくらはぎがバチバチに固まってきたので13本目で終了。

Screenshot_2018-06-14-00-00-48.png
Screenshot_2018-06-14-00-01-15.png

正式なやり方ではなく300m/800mにペースを合わせてるのでところどころ1分/4分からズレてます。これではインターミッテントとは呼べないか。エセミッテントと名付けよう。

1回目ってことで塩梅がわからなかったが、なんとなくコツは掴めた。

6月21日(木)

2回目のチャレンジ。

15本コンプリートを目標に気合いを入れる意味でレースシューズのNIKEのスピードレーサー6を選択しスタート。

6本目でふくらはぎに違和感発生。9本目で両足ともビクビクと攣りそうな兆候が現れ、10本目の後半は半分攣ったような状態になり焦る。これは最後までもたないかもと、ダメモトで11本目に突入してみたが予想通り50メートルも行かないうちに左ふくらはぎを軽く攣ってしまい停止。ストレッチしてみるもこれ以上は無理と判断し残念ながら10本目で終了。

Screenshot_2018-06-21-23-55-29.png
Screenshot_2018-06-21-23-55-24.png

シューズの効果か、前回と同じさじ加減で走っても思った以上にスピードが出た。気持ち抑えてもまだ速いという・・・おそるべしスピードレーサー。決して狙ったわけじゃないがオーバーベース気味になり、全体的に1分/4分の設定時間には満たない感じになってしまった。

足攣りの原因はやはりスピードレーサーの強烈な反発によるものかと。比較的楽にスピードは出せるが脚にはかなり負担がかかっていたらしい。心肺は余裕があっただけにもったいない。

こういう練習は毎回同じシューズでやらないと感覚や設定がブレるからダメだなぁ。成果も測りにくいし。次からは気をつけようと反省。

◇◇◇

ということで2週続けた感想としては、長いなと。

初回となる先週は13本で18km、今週は10本で16km。前後のアップ/ダウンジョグを加えるとこれまでのポイント練習と比較してそれなりの距離を走ることになる。

長いし疾走区間が組み込まれるのでやった感はある。そういう意味で嫌いな練習ではない。スピード向上にもつながりそうだ。

ただ個人的には10km閾値走の後半の方が負荷が高くつらいかなー。15本コンプリートしてみないことにはなんとも言えないけど。

とりあえず効果はありそうなんで15本こなせるようになるまでは続けて成果を判断してみようと思います。

追記
後日15本コンプリートしました!

◇◇◇

今週のラーメン。

20180620_141503.jpg

打ち合わせの帰りに立ち寄った、デカ盛りで有名な渋谷の中華屋「仙台や」の広東麺です。いい意味で場所に似つかわしくなくて昔ながらの中華そばって味わい。量も麺2玉分はあって食べ応えマウンテンでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください