続・思い通り走るために

先週からの練習状況や晩酌断ちの経過など。

木 散歩+ジョグ3km
金 ジョグ13km
土 インターバル1kmx3 300×4
日 ジョグ13km
月 ランオフ(整骨院)
火 ランオフ
水 朝ジョグ6km

土曜のインターバルは1km 3’25″/300m 3’20″くらい。
速い動きを入れる練習。頑張らないでペース維持することを心掛けた。

日曜はロング走。30kmLSDの予定だった。しかし走り始めると左足のふくらはぎ~アキレス腱にかけて鈍い痛みが出だしたので15kmでやめた。

何日か休足すれば治る気もしたが、念のため月曜日は整骨院に行った。

すると筋肉がかなり硬くなっていたらしい。このまま練習を続けていたら故障してたかもと言われた。定期的にメンテナンスが必要なようだ。

足全体をほぐしてもらいだいぶ軽くなったが、今週はまだポイント練ができていない。どこかでペース走をやりたいが、脚の様子を見ながらになりそう。

◇◇◇

前回書いた、晩酌断ちは今のところ問題なく続いている。

週末も飲まなかったから、10日間ずっとシラフである。

飲兵衛だった自分がこんな長いこと酒を口にしてないのは、30代になって初めてかもしれない。

ところで拙者の妻も飲み助である。毎晩欠かさずビール(グリーンラベル)をのんでいる。

彼女には買い溜め癖があり、月に何度かグリーンラベルを何箱もまとめてケース買いする。

おかげでうちの冷蔵庫を開けると、常時そこにはキンキンに冷えた鈴なりのグリーンラベルがスタンバイされている。

いつでもすぐ手の届く場所にビールがある。

これは断酒したい人間にとって、最悪の環境である。

断酒のハードルが高めなのだ。ハードモード。

できれば家にビールをストックすんのはやめて欲しいな、と言いたい。

しかしそれはこっちの勝手な都合である。いきなり断酒をはじめて「俺が我慢するんだからお前も我慢しろ」なんで横暴なふるまいはさすがにできない。切れられそうでこわい。

妻のビールライフは邪魔せず断酒。

これを成功させるには工夫を凝らすしかない。

もちろん静岡マラソンでサブ50をするという目標があり、そのために断酒して体調を整えるという大義名分があるが、気合だけでただただ我慢してやめるのは難しい。

そこで夜はアルコール依存症に関する漫画や本をいろいろと読んでる。

アル中ワンダーランド

アル中ワンダーランド

まんしゅうきつこ
2,480円(02/25 10:08時点)
発売日: 2015/04/09
Amazonの情報を掲載しています

 

失踪日記

失踪日記

吾妻 ひでお
1,254円(02/25 10:08時点)
発売日: 2005/03/01
Amazonの情報を掲載しています

 

失点イン・ザ・パーク

失点イン・ザ・パーク

ECD
1,144円(02/25 10:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白

上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白

小田嶋隆
1,650円(02/25 10:33時点)
発売日: 2018/02/26
Amazonの情報を掲載しています

どの本も面白かったが、アルコール依存症はやっぱ怖いな。

「呑んだら怖いぞ」とひたすら自己暗示をかけて、呑みたいスイッチをオフにしている。

おかげで今回はそんなにつらくもなくやめられている気がする。

◇◇◇

色々書いたが今夜は飲み会だ。(外で呑むのはOK)

10日ぶりに酒を飲む。

楽しみである。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください