サブ3チャレンジその4【ビルドアップ60分2回目】

サブ3達成に向け小出監督の3カ月メニューに沿って練習しています。
メニュー2週目に入りました。

昨晩の内容は1週目と同じ、ビルドアップ走60分。
ビルドアップの設定ペースは先週と同じですが20分ごとに上げていく感じで。

~20:00 4’30”
~40:00 4’20”
~60:00 4’10″以内

先週のようには後半でダレないよう、今回はビシッと最後まで走りぬくぜ、できれば3段目は少しハードルを上げて4’05″を目指そう、なんて走る前は意気揚々でした。

そういえば今ロンドンで世界陸上がやってますね。
先週土曜日の男子10000m決勝はご覧になったでしょうか。
3連覇を果たしたモハメド・ファラーがすごかった。

安定したフォームと伸びやかなストライド。
他の選手と接触し耐性を崩してもすぐに修正可能なブレない軸。
そして圧倒的なラストスパート。

すげえええええぇぇ!

しびれました。
もちろん実力や実績も凄いんですが、その美しいランニングフォームに震撼しました。
ランニングを初めて1年そこそこですが以前なら気付かなかったかもしれません。

日曜日に観たマラソン川内優輝の火事場の馬鹿力にも感動したけどファラーの走りに完全にノックアウトされてしまったのです。

で、影響を受けやすい自分は早速昨晩のビルドアップ走でファラー走法を真似することにしました。

仕事から帰ってウェアに着替えていざ出陣。
アップジョグもかねていつもの多摩川土手コースまで移動、そしてスタート!
初めは4’30″ですがゆっくり目に入ります。

そしてフォームを意識します。
上半身のバネを使い長い脚を活かしてロングストライドで華麗に進む、王者のイメージ。
気分は完全にファラー。サブ3もきっと楽勝なはず・・・

 

しかし自分は「ザ・日本人体形」の脚が短いおっさんなのでした。

「あれ、おかしいな。」

慣れないフォームでピョンピョン走っていたら15分ほどで妙に息が上がってきました。

2段目の4’20″に上げるとすでにかなり辛い。
これはヤバイかも、と感じたのでファラーは一旦おしまいにして、いつも通りのフォームに戻すことにしました。

しかし、苦しい。「全部絞り出せぇ!(©市川パパさん)」と自分に檄を入れます。
が時すでに遅し、3段目4’10″にギヤを入れてから2kmも持たずにへばってしまいました。
ここで終了。ビルドアップ失敗です・・・やりとげてファラーポーズを決めたかった。

顔だけは川内ばりに歪めてましたが全く粘れませんでした。
暑かったせいもあるかもしれないが、悔しい。

Running Activity 20.01 km   Runkeeper.png

 

終了後、心拍数を見ると3段目に入ってすぐにほぼMAXでした。

ランニング (3).png

失敗はしましたが、せっかくのポイント練習日です。
土曜日のLSDで距離耐性がないことに気付いたので距離を踏もうと、そのまま20km走にしました。
途中、無駄にウィンドスプリントを3本と1kmダッシュを入れてました。

Running Activity 20.01 km   Runkeeper (1).png

 

結果、ファラーは一日にして成らず。
というか体形が全く違うので自分には無理そうです。
引き続き自分にあったフォームを探求していこうと思います。

しかし、こんなことで大丈夫だろうか・・・
まぁこの失敗も何かの糧になるはずさと、引き続き小出メニューをこなしていくことにします。

サブ3チャレンジまとめ(2017年8月~)

スポンサーリンク

コメントを残す