サブ3チャレンジその1【ビルドアップ60分】

サブ3達成に向けてあと3カ月。小出監督のメニューに沿って練習を行っていきます。
昨晩はそのメニューの1発目のポイント練習でした。

さて、ビルドアップ60分。
前回の記事で読み間違えてビルドアップ「10km」と書いてしまいましたが「60分」が正しいです。

ペース設定については詳しいことが書いてないのですが、「呼吸がゼーゼーいう位」「最後の15分~20分は全力でしっかり追い込む」とある。そこまで言うなら最後はサブ3ペースより速いペースにした方がいいかな。

ということで下記のような3段構成でいってみます。

~20:00 4’30”
~40:00 4’20”
~60:00 4’10″以内

仕事からの帰宅後、いつもより入念にストレッチをして出発しました。
シューズはズームスピードライバル。
アップジョグをしつつ多摩川土手コースに移動し、ヨーイドン。

最初の1kmだけゆっくり入ってその後は4’30″をキープします。
そういえば最近このペースで走ってなかったなーと思いつつ、意外とラクに走れていることに気付く。3カ月前ならこのペースは結構キツかった。駅伝のためにやってきたインターバル走や坂道練習の効果かな。平日の晩酌をやめたってのもあるかも。

続けて2段目は4’20″に上げる。
さすがに息が徐々に上がってくる。しかしサブ3を目指すならこれより速いペースで42キロを走る必要がある。そう考えるとげっそりしたが慣れていくしかない。

そして3段目は4’10″。
最後まで走り切れそうなラインを探りつつ、もうちょっと上げて追い込むことにする。
ここからは全力少年ならぬ全力中年。

それにしても多摩川土手は仲良く並んでおしゃべりをしながらジョグやウォーキングをしているカップルが多い。昨夜も遅い時間だったのに何組もいました。楽しそうです。幸せそうです。
その脇をゼェゼェ言いながらよけてくオッサンはひらすら苦しいです。必死です。

4’05″をキープしたかったが最後の500m位で脚が終了しフォームは崩れビルドダウン・・・
そのまま1kmほどダウンジョグして終了。

Running Activity 15.01 km   Runkeeper.png

 

Runkeeper.png

ここでコケたら先が思いやられると冷や冷やしてましたが、サブ3チャレンジの一発目は何とか完了。
ただ最後はどうにも身体が動かなくなったので、継続的に負荷をかけてスタミナをつけていくしかなさそう。

小出監督、初っ端からきついっす。

◇◇◇

昨晩はそんな感じでクタクタになり沈没しました。

そして今朝、起き抜けに息子(6才)に

「パパー、『ふりん』ってなに?」

と聞かれました。
一瞬「???」となりましたが、ああ『不倫』かと。
TVで朝のワイドショー番組がやっていたので某スピード系議員もしくは某スケバン女優の話か。しょーもない・・・

「結婚してるけど黙って他の人とお付き合いすること。わかる?」

「う~ん、わかった!!」

・・・だめだわかってない。

「やったらダメな事だよ」

「うん!」

とっさの事で頭で回らなかったのですが我ながらイマイチな回答だったな。
どう答えるのが正解だったんだろう。

サブ3チャレンジまとめ(2017年8月~)

スポンサーリンク

2件のコメント

  1. プリンのすごく美味しいやつ・・・とかですかね??
    せがまれて高級なのを買う羽目になりそうですが。

    1. おいやんさん
      フリンは甘美な大人の味!
      おとなのふりかけみたいな(笑)
      絶対に変な憧れを抱いちゃいますね。

コメントを残す