ここ最近のランと音楽と私

どうもpetaです。気付いたら10日ぶりのブログの更新です。
佐倉マラソンが終わってから約3週間が経ちました。ブログには書いてませんでしたが、一応その後も週4ペースで走ってます。(何もしないと太るので)

とはいえ内容は10kmのゆるジョグのみで、ポイント練習はほとんどしてません。ゆるジョグは特にペースを決めずに気ままに走ってる感じで5:20~5:40/kmくらいが多い。ポイント練習は先週の土曜に10kmTTをやってみたのですが6kmであえなく撃沈。あとは1日だけ帰宅ランで18km走った程度。

そんな訳で最近は集中力が切れ気味でございます。あの情熱を注いだ日々はいずこへ・・・。

 

はい。ということでこっからが今日の本題でございます。

前にも書いた気がするが自分はガチで走る時には音楽を聴きません。理由としては基本的に夜走ることが多いので視界が効かず危ないってのもありますが、イヤホンや音楽がどうも煩しくて集中できないから。
でもここ最近のゆるジョグでは時間を持て余し気味なのでもっぱら音楽を聞いてる。

ラジオはスマホアプリのradikoでFMを聞く事が多いのだが、最近の番組がわからない事もありいまいちハマれない。中学生くらいの時はよく聞いていたんだけど。

 

なので最近はこれまたスマホアプリのspotifyという音楽ストリーミングサービスを使って音楽を聴くことが多い。spotifyは何千万とある曲をネット上で探して聞けるサービスだが、2カ月間は無料キャンペーンということで聞き放題。こりゃ使わな損だと。

で、spotifyをいじっていたら走るテンポに合わせて自動で楽曲を選んで再生してくれるというランニング向けの機能を見つけて、なんかすごそうってことで試してみたのです。タップしてスタートするとイヤホンから「走ってください」というアナウンスが聞こえるのでランニングを開始すると自動で歩数からケイデンスを計測しそれに合うテンポの曲をセレクトし再生してくれる。

それでワクワクしたながら走り始めたのだが・・・すぐに飽きた。

なぜかというと知らない曲や好みではない曲も混ざって流れるので楽しくないから。
いくらテンポがあっても普段聴かないようなテクノポップみたいなのを流されるとやる気がそがれてしまう。人によってはいいかもしれないが、自分にはちょっと合わなかった。だったら自分の好きなアーティストの曲を流していた方がテンションが上がって走りやすいな、と。

 

そんな訳で昔よく聴いたCDだったり、新しい音楽を探して聴いている。

ランニングの時にハマる音楽は何か、を探するのは意外と面白い。人によって好きなジャンルは違うと思うが、自分の場合は洋楽ロックが一番ハマると思った。今でこそ音楽はジャンルレスでなんでも聴くけど学生の頃はロック大好き少年だったのでその影響が大きいかも。

あと日本のロックより言葉がわからない洋楽の方がより気持ちいい気がする。感覚的な話なので「なぜ?」と聞かれたら説明ができないが、日本語だと耳に入ってきた時に歌詞に気がいってしまい楽曲のリズムやグルーヴが二の次になってしまうせいかもしれない。(ほんとかよ)

まあそんなわけで取り立てて書くこともないので、ここ最近良く聴くお気に入りの曲を紹介したいと思う。(かなり個人的な好みに偏っていると思いますがあしからず)

 

◆◆◆

まず最初はコレ。

 
AC/DC!
知る人ぞ知るオーストラリア出身のロックバンド。AC/DCと聞くと古臭いイメージがあって今の流行りからするとダサいと思われるかもしれない。(見た目とか特に)。だが音は最高にノリノリなロックンロールで気持ちいいのだ。テンポは決して速くない曲も多いのになぜか走っていて気持ちがいいグルーヴ感がある。
1970年から活躍する歴史あるバンドなのでオリジナルアルバムもたくさん出ているが、映画「アイアンマン2」のサントラ版(下のやつ)はAC/DCの良曲が詰まったベスト盤のような構成なので自分はこれを一番よく聞いています。

Highway to Hell (Dlx)
Highway to Hell (Dlx)

posted with amazlet at 17.04.14
AC/DC
Sony (2003-02-18)
売り上げランキング: 21,197
アイアンマン2

アイアンマン2

posted with amazlet at 17.04.14
AC/DC
SMJ (2010-04-28)
売り上げランキング: 23,442

◆◆◆

つづいてはコチラ。

 
イギリスのバンド、The Darkness!
2000年代以降に出てきたハードロックバンドだが最近知って好きになった。
映像を見る限りではボーカルのビジュアルが変態っぽくてファルセットボイスを多用していて気持ち悪い。
でも音をちゃんと聞くとドライブ感があってノリやすいのでランニングに合う。(と自分は思っている)
前述のAC/DCやQUEEN、エアロスミスに影響を受けているバンドなのでそれらが好きな人なら好きかなと。ただボーカルの声と見た目が特徴的すぎるのでダメなはダメだとも思う。

このバンドは一度ボーカルが脱退して解散状態だったようだが最近再結成してしてアルバムを出した。
自分がよく聞くのは上の最新アルバムと下の解散するまでの曲を集めたベスト盤。どっちも素晴らしい。

Last of Our Kind

Last of Our Kind

posted with amazlet at 17.04.14
Darkness
Canary Dwarf Records (2015-06-02)
売り上げランキング: 173,428
Platinum Collection

Platinum Collection

posted with amazlet at 17.04.14
Darkness
Warner Spec. Mkt. UK (2008-04-08)
売り上げランキング: 222,843

 
こういう70sあたりの音楽がごちゃ混ぜになった曲もある。Voが相変わらず気持ち悪くて面白い。サイコー。

 

◆◆◆

 
3つ目。これはかなり激しいので聴ける人は少ないかもしれない。

フィンランドの若きスラッシュメタルバンド、LOST SOCIETY。
これはもうロックというかスラッシュ・メタルと呼ばれるジャンルになる。
80年代にメタリカとかが活躍して盛り上がってたジャンルで自分はあんまり詳しくないが2000年代以降に出てきたバンドもよい。GAMABOMBとかMUNICIPAL WASTEと言うバンドも疾走感があり好き。
このアルバムはとにかく一貫して重くて早くて激しくて素晴らしい。なんにも考えずに走れる。走らされてる感じすらする。しかし気付くとペースが早くなるので危険です。(ほんとに)

ファスト・ラウド・デス

ファスト・ラウド・デス

posted with amazlet at 17.04.14
ロスト・ソサイエティ
日本コロムビア (2013-03-27)
売り上げランキング: 107,892

 

◆◆◆

 
以下、曲単位になってしまうが、spotifyの洋楽ミックスみたいなプレイリストを聞いててランニングと親和性があるなと思った曲をいくつか。

 

QUEEN / I Was Born To Love You
これは皆さん知っているのではないでしょうか。QUEENは名曲が多いが、走っていて気持ちがいい曲も多い。The Darknessのボーカルの恰好と通じるものがあって感慨深い。

 
Andrew W.K. / Party Hard
ひたすらテンション高いアニキがよいです。

 
Mr. Big / Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song)
馬鹿テクなギターとベース。ギター少年だった中学生の頃ハマりました。

 
blink 182 / What’s My Age Again?
これは大学生の時に良く聴いた。アルバム通して走りやすいかも。(メロコアが流行った世代なのです)

 

以上。
気付いたら、ランニングカテゴリのブログとは思えないような個人の音楽的嗜好を吐き出しただけの内容になってしまいました。すみません。

他によい曲が色々あった気がするけど思い出せない・・・
そのうち、ちゃんとランニング用のプレイリストを作って紹介したいと思います。(自分用に)

スポンサーリンク

コメントを残す